憂えあれば喜びあり

アクセスカウンタ

zoom RSS 再び抜歯

<<   作成日時 : 2012/03/24 23:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

また歯科医院へ行ってきた。
親知らずを抜いて以来、人生初めての歯科医院経験から毎週通院中。

今までの通院回数は3回だけど、毎回歯科医院を後にする頃には肩が凝ってる。
診察台の上でアレコレやられるとついつい身体に力が入る。
そこに痛みが加わるのであれば更に力の入り方が倍増。治療が終わる頃には我慢してるだけだけど疲れてる(笑)

診察台の上で横になり治療されてる間、ボクはまな板の上の鯉。口の中では何が起こってるのかまったく分からない。できるコトなら幽体離脱でもして自分に何が起こってるのか見て見たいって思えてくる。
何をされてるかは見えないけれど想像は容易にできる。高回転で回転してると思われる甲高い回転音が聞こえ、ソレで歯を削ってるんだろーと思われる振動が伝わってくる。その振動は歯を通して頭蓋骨全体を振動させてるくる。麻酔のおかげで痛みはないけれど耳にささる音と伝わってくる感覚だけで力が入る。痛くないけれど痛みを我慢してる気分になる。

そして、初めての抜歯の感覚が残っている中、もう1本の虫歯の親知らずを抜いてきた。やっぱりあの「バキっ!!」って感覚は気持ち悪い。出来るコトならもう体験したくないと改めて実感。
さらに初の詰め物体験。今ボクの奥歯には何かがつめられている。虫歯を削ってその削られたトコロにナニかがつめられてる。
これが不味い。そして臭いが嫌。なんだか塗料のような臭いがする。それが口の中にあるというだけで食欲がなくなる。・・・今のボクには食欲が無くなるぐらいの方がイイかもだけど。

でも、これを書いてる今は味と臭いがほとんど気にならなくなった。ただ自分のソレに慣れたのか、もしくは味、臭いが消えたのか。

とりあえず削った歯が疼くのか、抜いた親知らずが疼くのか・・・もらった痛み止めを飲んでおこう。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
再び抜歯 憂えあれば喜びあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる