アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
憂えあれば喜びあり
ブログ紹介
私、「7131」が日々想うコトを書きつづいております。
日々、プラスなコト、マイナスなコトが起こりますが『憂えあれば喜びあり』をココロに、起こるアクシデントに耐えています。そんな7131の想いに共感してもらえれば、微笑んでもらえれば幸いです。
相棒であるAbarth595のコトもちょくちょく出てきます。

過去にもいろいろ想っているのでソコなヘンは http://www7b.biglobe.ne.jp/~room7131/ を見ていただけると幸いです!
zoom RSS

アルファロメオ/ジュリアに試乗

2017/10/22 22:40
ジュリアに試乗しました!
試乗したジュリアのグレードは「スーパー」
直列4気筒2000ccのエンジンで、200ps・33kg/mのスペック。

まず見た目。

画像


画像


サイズが大きいと聞いていたけれど、実際に見てみると思っていた程の大きさは感じなかった。
だけど、小さいと感じるわけではなくて、大きいのは大きいんだけど。

見た目、威圧感を感じた。見た目に圧を感じるも、その中に優雅さも受け取れた。
カッコイイとゆーよりは、優雅でスマートな印象。



今回、試乗させてもらったジュリアは外装が黒、内装が白って組み合わせ。

画像


内装が白だと、高級感があるなー。
ボクが今まで乗ってきたクルマの中で、白の内装って初めてだったので、余計にそう感じてしまったかも。

運転席に座ってみると、インパネ周りはとても見やすかった。メーター関係とセンターディスプレイの位置関係が良く、首をそんなに動かさなくても情報が把握できそう。
センターディスプレイに表示されてる言語は日本語で、日本語対応してくれた事に驚いた。英語表記なのかなと思ってたんだけど、わざわざ日本語にしてる辺り、日本のマーケットの事も考えられてるみたい。

シートについては座り心地が良かったけれど、ボク的にはホールド感がもっとあるシートがお好み。
お店の方とそんな話しをしてたら、「ヴェローチェだと良いかもしれません」とのコト。あとでカタログを見せてもらったら、確かにヴェローチェのシートはホールド感が良さそう。

アクセルペダルの踏み心地は若干重めに感じた。フニャフニャな感じの踏んだ感が無い感触と違い、その重めな感触はボク好み。
走った印象としては、普通に街乗りしてる時は静かに走ってたけど、アクセルを踏み込むと乾いたエキゾースト音が車内に響いてきたのが心地よかった。
大きなサイズで200psのスペックだから物足りない感があるかな?と思ったけれど、十分なパワーと加速でびっくり。
280psのヴェローチェだと一段階高い加速感が味わえるんだろーな。

乗り味も大人な雰囲気で、ちょっとした段差なんて「それがどうしたの?」みたいな雰囲気。余裕でものともしない。
大きなクルマだけど、実際に運転してる分にはクルマのサイズ感は感じず、良い意味で普通に運転できた。それぐらい視野的には問題ないと思う。
ジュリアは全体的に大人な落ち着いた雰囲気だった。それでもアクセルを踏み込む楽しさは味わえるクルマだと思う。
ボク的にはもーちょっとアグレッシブな感じなのかな?と思ったけれど、今回試乗させてもらって「そんなクルマではないんだな。」と理解した。
正直、今回の試乗ではあまり操作感を味わう事が出来なかったのが残念。
今回は夕方にお店に行ったので、試乗のタイミングで夕方の渋滞に巻き込まれてしまった。
試乗するにはまったくもって適さない時間だったのが大きな失敗。
また違う機会にもう一度、乗り直したいなぁ。

画像

記事へトラックバック / コメント


Abarth595のブレーキパッドを交換してみた

2017/09/24 21:13
相棒Abarth595のブレーキを交換してみました。

画像



ブレーキパッドを交換するにあたり、どこのパッドを使おうかなと検討した結果、選んだものは

OZ Racing
BP003

選択した理由としては、まず色。赤だから。
ボクの595はブレンボキャリパーでない事もあって、ブレーキパッドが見える。
キャリパーが赤色なので、色を合わせたいからパッドも赤色にしたいなぁと見た目優先(笑)
だけど、見た目優先に選んだものの、ホイールの形状上そんなにバッドの色が目立たないって事に交換した後に気がついた(笑)

画像




今回のパッドはWinmaxと共同開発らしいブレーキパッド。
それならWinmaxのパッドでもイイんじゃないの?と思って調べてみたらAbarth595に適合するものが無い!
なるほど、OZ Racing名義でしか適合モデルがないみたい。

交換してみてのフィーリングは、ブレーキペダルを踏んだ瞬間からブレーキが効く感じがした。
いきなりガツンと効くワケではないので、扱い難いって感じではなかったけど、純正の時とより効きが早いよーに感じた。

ボクが選んだのはBP003ってグレードなんだけど、スポーツ走行向けのグレードらしい。
ブレーキダストもそこそこ出るみたい。ダストがどれほど出てくるかは実際に使ってみてのお楽しみ。
本題のブレーキの使い午後地もこれからじっくりと検証してみよ。
記事へトラックバック / コメント


やっと発表のジュリア

2017/09/07 21:09
やっとアルファロメオから日本向けにジュリアが正式発表された。
発表されたけれど、ずいぶんと前から知ってる姿だから新車発表って感じがしない(笑)
だけど、実車は見た事ないから、実車を早く見てみたい!

日本での価格が分かったけれど、やはりクアドリフォリオは1000万円越えかぁ。。
でも、クルマの内容的にはお値段以上の内容なんだろーなー。

画像


宝くじが当たらない限り買えないな(笑)


今までは海外でのインプレッションをYouTubeで見てたけど、英語だったりイタリア語だったのでほとんど内容がわからなかった(笑)
これから日本でのインプレッションもあがってくると思うから、YouTubeを眺める時間が多くなりそう。
賛否あるデザインだけど、ボクはカッコ良いと思う。なので、今一番気になる1台!

画像


10月になれば、実車を拝見できるコトになるだろーから、楽しみに待っておこう。
記事へトラックバック / コメント


B14を試すつもりが、てんやわんや

2017/08/21 21:35
サスを交換した595。
早速というか、丁度良いタイミングでジムカーナ走行会があったので出走してきた。
試走的なつもりで行ってきたけど、自分自身がついていけずサス評価の余裕もなくてんやわんやで終わってしまった感が。。。

目を閉じて思い出しみると、なんだか走りやすくなった気がする(笑)

あぁ、自分に余裕が欲しい。。。
てんやわんや具合は
  ↓↓↓




今回を良い教訓として、脱輪せずに次回はちゃんと走ってこよう(笑)
記事へトラックバック 0 / コメント 2


Abarth595にビルシュタインB14

2017/08/20 00:11
595の足回りを交換!
今回乗せ換えたのは

ビルシュタイン B14

画像


車高調付きのサスキット。

画像


交換をしてもい、595を引き取る際にお店の人から

「乗り午後地よくなってますよ!」

実際に走ってみると、ホントに乗り午後地がよくなった。
ガチガチな乗り午後地がしっとりとマイルドな乗り味になってた。
かなり劇的な変化でびっくりした。

まだ街乗りがほとんど。あと、ちょっとワインディングを走ってみたんだけど、印象としては良いです。
純正の時は段差があったら、そのままが乗り心地として出てて『ガツンっ!』と突き上げる感じ。
それが段差をある程度吸収されてる。
クルマの上下がゆっくり動いてくれる気がする。
ボコボコした道だと、ガツガツ感は無くなったけれど、ちょっとフワフワする。
足が柔らかくなったのかな?
柔らかくなった気がするけど、カーブを曲がったりした時のロール感は依然よりも少なくなってると思う。
これは車高が下がったお陰だと思う。
いろいろと印象も変わって、運転もしやすくなってるってのが感想。

街乗りだけだと抜群に良いと思う。

車高はー30mm下げたので運転する時の目線と外見も変わった。やっぱりクルマは車高が低いほうがカッコ良いな。
車高は下がったけど、タイヤとフェンダーの隙間はまだまだある。

画像


改めて思うのが純正の時ってかなりの隙間だったんだなぁ。
隙間が少なくなった今の見た目に違和感がないし、むしろ今ぐらいの隙間の方がしっくりしてるんじゃなのかな?

今回、サス交換をして今のところは良かったと思う。
乗り味も大人な味に変わって、今までとは違うクルマみたいな雰囲気になったし。
まだ変えたばかりなので、じっくりと乗り回しみてみよう。
記事へトラックバック / コメント


ルノー/ルーテシアRSに試乗(画像無し)

2017/08/13 12:09
ルノー ルーテシアRSに試乗。

ルーテシアは1600ccのエンジン。出力は220ps/26.5kg


まず、シート。座り午後地が良かった。
程よく柔らかくて、ちょっと身体が沈む感じ。そして適度なホールド感。絶妙!
クルマはスポーティだけど、シートはソフト。このシートなら長距離でもいけると思う。
ボクの中でシートは大事な判断基準。まぁ、今乗ってる595のサベルトのシートはかなり硬い。
そんな595を選んだのは、例外。クルマを選ぶ大事な判断基準だけど、例外もやっぱりあるってことで(笑)

ミッションはDCT。
クルマを走らせて思ったのが、クルマの出だしがスムーズ。DCTって出だしが半クラをおもいっきり使っています!
みたいな出だしのイメージだったから以外。少しアクセルを踏み込むだけでクルマが進んでくれる。

国道を普通に走って、そしてバイパスへ。ちょこっとアクセルを踏み込んでみる。びっくりするような加速ではないけど、快適にクルマが前へ前へと進んでくれる。気が付けば速度が上がてて、「アクセル抜かなきゃ」と度々思った。
※あくまでもノーマル時の話し。今回の試乗はノーマルしか試さなかったからレースモードとかにした快適なんて言葉では表現できないと思うので悪しからず。

ルーテシアRSには、「ノーマル」「スポーツ」「レース」があって、今回の試乗は「ノーマル」だけで試乗。
「レース」モードにしたらトラクションコントロールが解除になるとの事なので、かなり気になる。楽しそう。
さらにローンチコントロールまで実装されてる。

エキゾーストは低音かな。程よい響きが車内に響いてくるのが心地イイ。
レースモードとかにしたらエキゾースト音も変わるのかな?

走りの印象は、ステアリングを切ったら思い通りにクルマが動いてくれる。
足もガチガチって感じでもなく、落ち着いた感じ。街乗りでも普通に使える。良い意味で普通に走らせる事ができる。
普通に走っていても、運転してて楽しいクルマ。アクセルを踏み込んだら更に楽しくなる事、間違いない!!

クルマの印象とスペックからして、お買い得な1台なのでは?
ボクは好きだけど、デザインに好き嫌いが分かれるかも?



初めて乗ったフランス車。フランス車のイメージがかなり良くなった。
試乗する前にお店の方から

「イタリア車はやんちゃで運転して楽しいクルマですけど、フランス車は落ち着いてて運転が楽しいクルマです」

そんな事を言われたんだけど、まさしくそうかもしれない。

記事へトラックバック / コメント


気になる

2017/07/27 20:30
ディーラーに行った時に拝見させてもらったリーフレット。

画像


こーゆーのを直接見ると「いよいよ」感が高まってくる。
だけども、内容的には寂しかった。
最上級グレードになるクアドリフォリオについてのみ。
その他のグレードは皆無。

やはり、正式なアナウンスを待つしかないんだろーな。

内容が気になる方は、是非ディーラーへ!!
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

憂えあれば喜びあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる